News & Columns イメージ
News & Column

他の金融商品との比較

2017年9月29日

多様化する不動産投資!分散投資がさらに手軽に!?

いま、クラウドファンディング型の不動産投資に

企業が続々と新規参入し、活況を呈しています。

 

クラウドファンディングと言えば、ベンチャー企業や個人などが

新しい事業を行う際に、インターネット上で資金提供者を広く募り、

資金を集める手法です。

 

この手法を取り入れたものが、

クラウドファンディング型の不動産投資です。

 

数千万から数十億といった不動産投資案件に対し、

多くの投資家から資金を集めて不動産を取得し、

その収益を分配する仕組みです。

 

ここ最近では小口化が進み、1口1万円からはじめられる

商品も少なくありません。

 

投資用不動産の運用資産規模で国内独立系1位のケネディクス

も野村総研と共同出資で今年6月に投資型クラウドファンディング

事業会社、ビットリアリティを設立し、早くて年明けには開始

するそうですが、これも1口1万円から投資が可能です。

 

では、予想される配当利回りはどの位なのでしょうか?

 

商品によって様々ではありますが、おおよそ5~15%くらいです。

 

仮に想定利回りが5.0%の案件に30万円投資したとすると、

1年で+15,000円。

 

銀行に預けておくよりかはよっぽどお得です。

 

J-REITの利回りでは、賃貸系のファンドで三井系列のもので

約3.6%前後、賃貸特化型の伊藤忠系列で約3.7%前後ですので

クラウドファンディングでも同じような利回りが得られます。

 

現物不動産に関しても、一昔前のように自己資金が最低10%は

必須だった時代と比較すると金利は低く、頭金も10万円から

購入することが出来ますので、その間口は広がっています。

 

但し、気軽にはじめられるからこそ、リスクについて

どれだけ理解しているかが重要になってきます。

 

クラウドファンディングの主なリスクとして、

「元本保証がない」「流動性が低い」ことが挙げられます。

 

クラウドファンディングも投資ですので、運用実績によっては

元本割れする可能性がゼロではありません。

 

事業会社にもよりますが、運用期間終了まで現金化できない、

途中解約ができない商品が多く、途中解約が出来たとしても、

手数料が発生するなどのデメリットがあります。

※手数料無料で途中解約可能な事業会社もあります。

 

また、募集時の利回りはあくまでも想定利回りですので、

これも保証されているわけではありません。

 

不動産が小口化され、少額の資金から投資ができることによって

投資初心者の方にはさらに不動産投資が身近になりましたが、

少額とは言えリスクがあるのはたしかです。

 

気軽にはじめられるからこそ、安易に投資をするのではなく、

内容を十分に理解したうえで投資することが肝要です。

【無料】中古マンション投資セミナー