News & Columns イメージ
News & Column

マンション投資のポイント

2017年4月21日

進む郊外化!中古ワンルームマンション市場の行方は!?

先月、東京カンテイが「2016年首都圏ワンルームマンション市況レポート」

を発表しましたので、今回はその中から、新築ワンルームマンション市場を

ピックアップしてご紹介します。

 

このレポートは、東京カンテイのデータベースに登録されている物件のうち、

30平米未満の分譲マンションが抽出されています。

 

2016年の1年間、首都圏で供給された新築のワンルームマンションは

速報値で11,166戸。供給戸数は2012年の13,234戸をピークに

2013年が12,551戸、2014年が12,050戸、2015年が

11,634戸と減少しているものの、依然として高い水準を維持しています。

 

一方の中古ワンルームマンション市場は、2012年に年間74,752件で

過去最高件数を記録していましたが、2016年はそれをも超える大きな伸び

をみせ、82,595件となりました。

 

新築の供給エリアは行政区・沿線・駅それぞれでランキング化

されていましたので、順に見ていきましょう。

 

(行政区別)

1 位 川崎市川崎区

2 位 板橋区

3 位 川崎市中原区

4 位 港区

5 位 品川区

6 位 足立区

7 位 墨田区

8 位 練馬区

9 位 大田区

10位 江東区

 

港区が4位、品川区が5位と、都心部が上位にランクインしていますが、

何と、1位と3位に川崎市内がランクインしました。

 

上位10行政区の中で1戸あたりの平均価格が最も高かったのは

港区で、平均専有面積24.64平米に対して3,707万円と

1坪当たり500万円近い水準となっています。

 

1戸あたりの平均価格が最も安かったのは、川崎市川崎区の

2,215万円、坪単価では板橋区の322.1万円で都心部

との間に価格差があります。

 

(沿線別)

1 位 JR京浜東北線

2 位 京急本線

3 位 三田線

4 位 東急東横線

5 位 横浜市営ブルーライン

6 位 JR中央線

7 位 JR山手線

8 位 有楽町線

9 位 東西線

10位 大江戸線

 

上位2位は両路線とも川崎駅や横浜駅へのアクセスが良い

物件が多く、また、本来ワンルーム立地敵地とされる地下鉄

路線は依然として数が減少しているようです。

 

(駅別)

1 位 川崎駅(川崎市川崎区)

2 位 京急川崎駅(川崎市川崎区)

3 位 白金高輪駅(港区)

4 位 武蔵小杉駅(川崎市中原区)

5 位 西川口駅(川口市)

6 位 西台駅(板橋区)

7 位 立会川駅(品川区)

8 位 立川駅(立川市)

9 位 地下鉄成増駅(板橋区)

10位 元住吉駅(川崎市中原区)

 

駅別では上位10駅のうち6駅が23区外、川崎市や都下の

駅が多くランクインし、ここでも立地の郊外化が見て取れます。

 

上位10駅のなかで最も平均価格が高かったのは白金高輪駅で3,482万円、

坪単価473.1万円。最も安かったのは西川口駅で2,068万円、

坪単価では西台駅の311.5万円でした。

 

行政区・沿線・駅、それぞれのトップ10を見て来ましたが、

郊外への供給が多く、都心に立地する物件は希少価値が

上がっていると言えます。

 

このような現況から、中古マンション市場にも数年後には、

郊外の物件が多く出回ることが予想されます。

 

しかし、賃貸需要や少子高齢化、人口動向などを踏まえると、

郊外は都心と比べると不安材料が多くありますので、郊外の

物件を検討される際は、慎重に吟味するのが肝要です。

【無料】中古マンション投資セミナー