News & Columns イメージ
News & Column

マンション投資のメリット

2017年1月13日

保険の見直しもするべき!?出費“ゼロ”の団体信用生命保険

新年明けましておめでとうございます。

本年も引き続き、皆様のお役に立てるような情報を発信して

参りますので、宜しくお願い致します。

 

さて、新年を迎え、本格的にマンション投資の検討を進めようと

お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

マンション投資は、「安定した収益=年金対策」「節税効果」

「生命保険効果」など、色々なメリットが挙げられますが、

マンション投資をスタートする目的や目標によって、

購入する物件が異なってきます。

 

しかし借入をして購入する場合は、団体信用生命保険への

加入が必須となっている金融機関が多いことから、年金対策

のためにマンションを購入したとしても、「生命保険効果」も

一緒に享受することができます。

 

そこで今回は、団体信用生命保険のメリットと、加入に

際しての注意点をお伝えいたします。

 

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンを組む際に加入する

生命保険で、ローン申込者がローン期間中に死亡または高度障害

になった場合、ローンの残債が保険金で全額返済され、

ご遺族には無借金のマンションが残る仕組みとなっています。

 

ご遺族は継続して家賃収入を受け取ることも、また、

売却してまとまった現金を手にすることもできます。

 

では、気になる保険料は?というと、借入金利のなかに含まれており、

毎月支払うローンの返済額に組み込まれていることから、『保険料』

として意識する必要がありません。

 

そこで、終身保険と、団信に加入して物件を購入した場合と、

どれだけの差があるのか検証してみましょう。

 

以下に終身保険と団信の具体例を挙げます。

 

————————————————————

【終身保険に加入した場合】

30歳 男性

保険金額:1,500万円

 

<30歳から60歳まで払込>

60歳まで月額保険料:▲26,340円

30年間総支払保険料:▲9,482,400円

※大手保険会社の終身保険に加入した場合の参考金額

 

【中古ワンルームマンション投資の場合】

30歳 男性

購入金額:2,040万円

頭  金:10万円

借入金額:2,030万円

借入期間:30年

手取家賃:78,800円

 

<60歳でローン完済>

毎月の収支:+7,271円

30年間総収入金額:+2,617,560円

※金利・家賃・管理費等の変動は考慮していません。

 

完済後は家賃収入を得続けても良いですし、

現金化することもできます。

————————————————————

 

終身保険に30年間加入すると1,000万円近いお金を支払うことに対し、

団信であればローンの支払いや管理費を支払ってもなお、毎月7,271円

が家賃収入として手元に残ります。

 

さらに言えば、保険料が含まれているローンの支払いそのものを

家賃収入で返済していますので、本人のお財布からの出費は“ゼロ”

なのです。

 

しかし加入に際しては、既に加入済の生命保険と保障内容が

重複していて、保険料の支払いが無駄になることがあります。

 

団信の基本的な保障内容は死亡または高度障害ですが、

今では3大疾病保障付団信や8大疾病付団信などもあります。

 

投資用住宅ローンを取り扱う(株)ジャックスでは、8大疾病付

団信を、オリックス銀行では金利を0.1%上乗せることで、

団体信用介護保障保険にも加入することができます。

 

団信は加入が必須となっていることで、

保障内容を確認されない方がいらっしゃいますが、

前述のように、団信は充実した立派な『保険』です。

 

既に加入済の保険がある場合は、団信と保障内容が重複して

いないかをしっかりと確認してください。

 

重複しているようであれば、保険の見直しや保障額の減額を検討

することで、団信のメリットを最大限活かせるのではないでしょうか。

【無料】中古マンション投資セミナー